ホーム > 大東急記念文庫善本叢刊中古中世篇 別-2 伊呂波字類抄

大東急記念文庫善本叢刊中古中世篇 別-2 伊呂波字類抄 (五)

目次

第五巻 第九冊 巻九(由(ユ)女(メ)見(ミ)志(シ)) 
第十冊 巻十(恵(ヱ)比(ヒ)毛(モ)世(セ)須(ス))
解題 月本雅幸

このページのトップへ

内容説明

『伊呂波字類抄』  室町中期写  全十巻十冊 橘忠兼 編 解題:月本雅幸

十巻本『伊呂波字類抄』の完本としては現存最古。中院本の原本と推定される。

『伊呂波字類抄』は、平安時代末期の国語辞書。漢文訓読語も合わせ和語・漢語を採録する。その分類・ 配列は細かく、意義分類にしたがい天象・地儀・植物・動物・人倫・人体・人事・飲食・雑物・光彩・方角・員数・辞字・重点・畳字・諸社・諸寺・国郡・官職・姓氏・名字の二十一部に序列。更に、天象では景宿・風雨・歳時、地儀では山石・水土・田野・居処、人倫では親戚・人倫・鬼神、雑物では装束・器皿・燈火・調度などに分類されている。これらは全て平安時代において日常的に作成された漢詩文・記録・文書を作る際の必要な知識であり、その特徴としては漢語が多く集められ、漢籍である『遊仙窟』・『文選』・『白氏文集』から採録された形跡が窺える。平安時代の歴史・文学・思想をはじめ、日中の文化交流を研究する上でも貴重な資料である。

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ