1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
 
築島裕著作集 第一卷 訓點本論考拾遺

◎訓點資料と訓點語彙の調査と發掘、その成果を遺憾なく取入れた珠玉の論考の數々――碩學八十有餘年の軌跡

 
対偶文学論

◎中国古典文学における対偶表現を具体例を示しながら詳述――「対偶文学論」入門書

 
東アジア木簡学のために

◎「東アジア木簡学の確立」をめざした共同研究成果なる

 
華北の発見

◎「華北」とはいかなるものか,「地域概念としての華北」・「華北農村と華北地域経済史」の二部構成より解明する

 
愚管抄の言語空間

◎慈円の「言説」・「人的ネットワーク」から、『治承物語』を創出する慈円圏とその周辺圏を考察する

 
詩僧皎然集注

◎韓愈・孟郊・白居易・元稹等、唐代後半の詩人に大きな影響を与えた皎然詩集の訳注なる

 
六朝文体論

◎六朝文学作品を通して「文体」・「文体学」に迫る独創的研究成果なる

 
中國醫書の文獻學的研究

◎基本的な文献学的アプローチにより、中国医書の歴史の把握を試みた画期的な論考なる

 
汲古叢書115 第一次世界大戦期の中国民族運動

◎第一次世界大戦期の中国民族運動の展開を、東アジア国際関係の変動に位置づけ時系列的に論じる

 
『楚辞』と楚文化の総合的研究

◎「信屈」「疑屈」を超えて――『楚辭』及び楚文化研究の新たな道筋を提示する

 
RSS

新刊情報