1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
 
汲古叢書137 北伐と西征

前著『金田から南京へ』に続くさらなる太平天国の解明なる!

 
近世小説の研究

◎近世小説における啓蒙性に注目し、その生成過程と文芸世界への展開について考察する!

 
宋-清代の政治と社会

◎北海道大学東洋史学研究室関係者による九編!

 
汲古選書75 東洋思想と日本

◎幕末の造語「東洋思想」――その形成過程をたどり現代社会への有効性を説く

 
篠屋宗礀とその周縁

◎加藤清正に仕え、中院通勝・通村、烏丸光広、林羅山、智仁親王、松永昌三(尺五)等と広汎に交流し、
近世初期の京洛の学芸文事に重要な足跡を残した一文化人のすがたが、初めて明らかに!

 
六朝文評価の研究

◎文学作品を数値化して評価する初めての試み ―その基準と方法―

 
唐代伝奇を語る語り手

唐代伝奇研究に「物語論」を用い、語りの形式・物語の内容を明らかにし作品の新たな解釈を提示する

 
中國傳統社會における術數と思想

◎中国特有の重要文化「術数」を各時代の思想との関わりで検討する初の論集なる

 
RSS

新刊情報