ホーム > 大東急記念文庫善本叢刊中古中世篇 (16)聖徳太子伝

大東急記念文庫善本叢刊中古中世篇 (16)聖徳太子伝

内容説明

(16)大鏡百錬鈔 (南北朝写) 三巻。 釈聖伝の講と伝える。全一筆。 庚暦元年 (1379) 東大寺沙門高深の書写と認められる。 『大鏡底容鈔』六巻と一具であり、 同筆と見られる。 ・大鏡底容鈔 (南北朝写)

このページのトップへ