ホーム > 平安時代の佛書に基づく漢文訓讀史の研究

平安時代の佛書に基づく漢文訓讀史の研究 第二冊

訓点の起源

目次

奈良時代の角筆訓點から観た華厳經の講説
日本の初期訓點と新羅經加點との關係
角筆加點の新羅華嚴經
日本語訓點表記としての白點・朱點の始原
勘經の訓讀法――奈良時代の訓讀――
日本所在八・九世紀の華嚴經とその注釋書の加點
平安初期の東大寺關係僧の所用假名と新羅經の角筆假名との關係
日本のヲコト點の起源と古代韓國語の點吐との関係
日本平安初期の訓讀法と新羅華嚴經の訓讀法との親近性
宋版一切經に書入れられた中國の角筆點

このページのトップへ