ホーム > 森正夫明清史論集 (3)地域社会・研究方法

森正夫明清史論集 (3)地域社会・研究方法

森正夫明清史論集 (3)地域社会・研究方法
著者 森 正夫
ジャンル 東洋史(アジア) > 総記・論集
出版年月日 2006/06/01
ISBN 9784762927669
判型・ページ数 A5・746ページ
定価 本体15,000円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

(3)第一部 地域社会 中国前近代史研究における地域社会の視点/明末の社会関係における秩序の変動について/明末における秩序変動再考/明代の郷紳/宋代以後の士大夫と地域社会/ 『寇変紀』 の世界/ 『錫金識小録』の性格について/江南デルタの郷鎮志について/清代江南デルタの郷鎮志と地域社会/朱家角鎮略史/現代中国の鎮における居民委員会と住民の生活意識/グエン・カック・ヴィエンに関する若干の資料/明後半期、 一六世紀のシーサンパンナに関する一資料 第二部 研究方法一九七二年の歴史学会/論文評 川勝守「明末、 長江デルタ社会と荒政」 /八〇年代以降の日本における明清史研究の新しい潮流/論文評 寺田浩明 「明清法秩序における『約』 の性格」 / 『明清時代史の基本問題』 総説/書評 岸本美緒『明清交替と江南社会―一七世紀中国の秩序問題』 /フィールドワークと歴史研究/濱島敦俊『総管信仰』 序/著作目録

このページのトップへ