ホーム > 中国研究に生きて 続

中国研究に生きて 続

中国研究に生きて 続
 

内容説明

はじめに  一、明末の社会―そこに生きた人々―/清代の人身売買に関する詩―『国朝詩鐸』について―/偽満建国大学と「五族協和」/日本人学生から見た建国大学の回想―水口春喜『大いなる幻影』書評―/中国人学生から見た偽満建国大学―『回憶偽満建国大学』書評―/反満抗日運動に身を投じた建大生―聶長林『抗日曲折行』書評―  二、中国留学生と私/旧制高等学校とは何であったか/天津日本図書館について/第七回国際明史学会参加記/小野和子氏と京大矢野事件/『大安社史』序文/『明代清初の女直史研究』序言/『明代地方監察制度の研究』序言  三、恩師山本達郎先生を偲ぶ/中山八郎教授を偲ぶ/亡き級友を偲ぶ/島田虔次さんの思い出/波多野善大氏の追憶/上原淳道氏の思い出/五井直弘氏の思い出/後藤均平君の思い出/森弘之君を偲ぶ/閣斗基教授を偲ぶ/略年譜  【取扱図書】

このページのトップへ