ホーム > 中世日本の王権と禅・宋学

中世日本の王権と禅・宋学  新刊

中世日本の王権と禅・宋学

『東アジア海域叢書』 第14回配本 第15巻

著者 小島 毅
ジャンル 東洋史(アジア)
東洋史(アジア) > 宋元
東洋史(アジア) > 明清
日本史
日本史 > 中世
シリーズ 東アジア海域叢書
出版年月日 2018/03/29
ISBN 9784762929557
判型・ページ数 A5・368ページ
定価 本体7,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

【目次】
序 ………………………………………………………………………………………………… 小島 毅
第一部 中国・朝鮮の近世王権
東アジアにおける祖先祭祀の諸相――中国、朝鮮、日本を例にして―― …………… 井澤耕一
朝鮮王朝建国神話の創出 …………………………………………………………………… 山内弘一
東アジアの「近世」から中国の「近代」へ
――比較史と文化交流史/交渉史の視点による一考察―― ………………………… 伊東貴之
第二部 鎌倉時代の王権
ヨーロッパと日本の中世における神聖王権の可能性を巡って
  ――フライジングのオットーと慈円の歴史思想を中心に―― ………… ダニエル・シュライ
「尼父」と「大神宮」――『古今著聞集』神陶篇十二話の一解釈―― ……………… 水口拓寿
天皇の譲位と院政――鎌倉時代を中心に―― …………………………………………… 近藤成一
南北朝動乱期の王権と調伏法
  ――文観著『逆徒退治護摩次第』の秘密修法―― ………………………… ガエタン・ラポー
第三部 禅僧と儒者の王権論
中巖円月が学んだ宋学 ……………………………………………………………………… 小島 毅
大徳寺の創建と建武親政 …………………………………………………………………… 保立道久
明治国家成立期の水戸イデオロギーに関する考察
  ――「大日本史完成者」栗田寛の勅語講釈を中心に―― …………………………… 陶 徳 民
あとがき ……………………………………………………………………………………… 小島 毅
 執筆者紹介/英文目次

このページのトップへ

内容説明

【序より】(抜粋)

 第一部「中国・朝鮮の近世王権」は宋学が正統教義であった近世中国・朝鮮王朝それぞれの王権理論と東アジア諸国間の近世儒教の位相を論じる三つの論考からなる。
 井澤論文は、東アジア諸国における皇帝・王などの為政者による祖先祭祀の諸相を、宗廟の創設・変 遷から扱う。まず、宋代太廟制の特徴や変遷、元・明との類似点を述べる。ついで朝鮮王朝における宗廟制の変遷を明らかにし、中国を継承した点と朝鮮独自の点とを指摘する。そして日本の皇室の祖先祭祀に言及して、「祖先祭祀」から見た各国の共通性と相違性を考察している。
 山内論文は、高麗から朝鮮への易姓革命を、朝鮮王朝の当事者たちがどのように権威づけ正当化していったのか、健元陵神道碑、『龍飛御天歌』、『高麗史』を分析して述べる。前二者に描かれた太祖李成桂やその祖先・子孫代々の事蹟は王朝を権威付けする記述に満ちているが、それは正史として実証史学の史料に用いられている『高麗史』にも当てはまり、これらをはじめから「神話」として認識することの意義を提起する。
 伊東論文は、まず朱子学から陽明学への流れ全体を「近世儒教」と措定したうえで、同じく「近世」の語をもって呼ばれる日本の江戸時代との比較を行う。また、明清時代の思想史・社会史諸研究を整理し、溝口雄三の所説が占める学説史的位置を論評する。最後に江戸時代の日本の思想状況を俯瞰することで東アジアのグローバリゼーションが見出されることを述べる。
 第二部「鎌倉時代の王権」は『愚管抄』や『古今著聞集』など、十三~十四世紀の日本で書かれたテクストを対象として鎌倉時代の言説を読み解いていく四つの論考からなる。
 シュライ論文は、時代的には重なるものの属する文化や歴史的背景を異にする二人の思索者の比較を通して見た王権論の考察である。前半では王権概念に関する欧米での先行研究整理を行ったうえで、その一例としてのオットーの思想が分析される。そして後半ではこれとの比較のもとに『愚管抄』と「夢想記」とに見える慈円の王権論が解釈され、神聖王権という概念の広義での使用が提案される。
 水口論文は、儒教儀礼の日本化譚の分析である。すなわち、某人の夢に孔子が現れて大学寮の孔子祭祀(釈奠)で犠牲獣ではなく植物を供えるに至った理由を語る説話に注目し、藤原頼長の日記『台記』と橘成季の『古今著聞集』との相違点として、後者では孔子が天照大神と同席するからとしていることを指摘する。これは既存の観念を逆手に取ってある価値観を擁護するという、『古今著聞集』全体に通底する世界観の基本構造に呼応するものだという。
 近藤論文は、天皇の譲位がどのような政治状況のもとで行われ、また逆に天皇の譲位がどのような政治状況を作り出したのかを考察している。皇位を譲る父なる天皇と、皇位を受ける子たる天皇の意志は必ずしも一致せず、後者が前者の修正を図る事例があったこと、両統迭立の状況においては皇太子の座をめぐる競争が激しくなったことを指摘している。
 ラポー論文は、文観房弘真の「逆徒退治護摩次第」をもとに後醍醐王権における宗教儀礼を分析する。護摩儀礼の一種として密教儀礼の構成要素となった調伏法は、後醍醐政権においては特に軍事的手段として活用された。その儀礼テクストを仔細に分析することで、調伏する側の王権観を明らかにしようと試みている。
 第三部「禅僧と儒者の王権論」は禅僧たちの宋学理解と王権との関わりを扱う二つの論考と、宋学の 日本的変容である水戸学と近代天皇制との関係を論ずる論考とからなる。
 小島論文は、元に留学して帰朝した臨済僧中巖がかの地で得た宋学についての知識をどう咀嚼したかを論じている。彼の政治論『中正子』は、従来朱熹の思想と直接比較して論じられてきたが、中巖が実際に接した元代禅林での朱子学受容や、朱子学もその一構成要素である宋学全体のなかで考察される必要がある。『中正子』には仏教の立場から宋学を論じた北宋の契嵩の影響も看取されるとし、本場中国や高麗の場合と比較して当時の日本における宋学受容の特異性が指摘される。
 保立論文は、王権との深い関わりのなかで南浦紹明・宗峰妙超の法統に始まった大徳寺が、持明院・大覚寺両統の対立とどう関わったかを扱う。大徳寺が元弘の変による後醍醐天皇の還御直後に所領安堵されている点からも、「公家一統」を象徴する寺院としてのその位置づけが窺えるとし、建武新政期における禅律国家構想は室町幕府の禅宗国家構想に影響を与えたと論じられる。
 陶論文は、『大日本史』編纂作業を終結させた人物の教育勅語解釈を対象に、明治時代の国家神道成立の思想史的背景を描いている。栗田は藤田東湖に代表される後期水戸学の嫡流として、天皇制国家を祭祀儀礼により維持・再生していく運命共同体として提示した。これを伊藤博文・井上毅の憲法制定路線と比較対照することで、後者が「苦肉の策」だったことが照射される。
 本書はこのように個別論文を連ねる形になっているけれども、共同研究の成果として首尾一貫したテーマを追究しているつもりである。……本書が「明治百五十年」の時期に公刊されたことは、時事的に幾分かの意義をもつかもしれない。日本が中世・近世にどのような文化交渉を経てきたか実証的に確認する作業が、維新後百五十年の歩みを再考する機縁となれば幸いである。

 

このページのトップへ