ホーム > 風土記本文の復元的研究

風土記本文の復元的研究  新刊

風土記本文の復元的研究

◎風土記諸本の校訂本文の比較を行い、相違が現れる根拠を確認し失われた原本復元を目指す

著者 林崎 治恵
ジャンル 日本史
日本史 > 古代
出版年月日 2017/11/28
ISBN 9784762942204
判型・ページ数 A5・486ページ
定価 本体8,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

【主要目次】
 序 章 風土記という古典
     風土記の価値/作品としての風土記/風土記の原本/本書の構成
第一部 『常陸国風土記』の基礎的研究
第一章 『常陸国風土記』の伝写について
     諸本の書誌〔菅本・武田本・松下本・中山本・小宮山本・狩谷本・河合本・羽田野本・藤田本・
      村上本〕
     諸本の分類〔本文の字詰・行数と奥書・郡の所在の記述形式・本文の改行〕
     グループ間の系譜
 第二章 常陸国風土記四本集成〔菅本・武田本・松下本・板本〕
第二部 風土記の校訂
 第一章 風土記の校訂本間の比較
     校訂本間の比較その1 ――『常陸国風土記』――
〔異同一覧表:新全集本・神道大系本・大系本を対校し、移動のある字句を郡ごとに掲げ通し番
号を付す。〕
     校訂本間の比較その2 ――『出雲国風土記』――
     〔異同一覧表:神道大系本・大系本を対校し、移動のある字句を掲げ、それぞれの頁数と本文の
行数を記す。〕
 第二章 風土記の校訂における問題についての一考察
     校訂基準について/神道大系『肥前国風土記』を事例として
 終 章 風土記のテキストの現状と課題
     山川本『風土記』について/復元される本文/望まれるテキスト
付 論
 第一章 逸文をめぐる諸問題 
※風土記逸文のうち、『常陸国風土記』の「信太郡の沿革」と「信太郡の郡名」、『筑前国
風土記』の「資珂島」と「怡土郡」の四条について、校訂、訓読、語釈にわたる注釈。
     『常陸国風土記』信太郡の沿革条/『常陸国風土記』信太郡の郡名条
     『筑前国風土記』資珂島条/『筑前国風土記』怡土郡条
 第二章 伝承とその舞台――『竹取物語』を事例として――

このページのトップへ

内容説明

【本書の構成より】(抜粋)

第一部では、風土記の基礎的研究として、『常陸国風土記』の諸本研究を収める。拙稿では十本の諸本を本文の体裁や記述形
式・文字の異同などの観点から検討し、諸本のグループ分けを行ったうえで、それらグループ間の系譜づけをこころみた。そ
の結果、武田本を前田本から出たものとして考定し得ると結論づけ、『常陸国風土記』の系譜に新たな一提案を示した。さら
に、『常陸国風土記』の原本の復元に必要な写本がどのようになっているかがわかるように集成した「常陸国風土記四本集
成」を収載する。四本集成の特徴は、最も重要な写本とされる菅本の一行分を基準にして、他の三本をそれに合わせ、文
字異同や改行を一見してわかるようにしたところである。写本の文字については、全てを透写しそのままの姿に近いものを提
示できるように作成している。さらに、風土記の校訂本の基盤となった西野宣明の板本を併せて掲載し、校訂の際に参考にで
きるようにした。また、基準となる菅本の一行分に対して番号を付し、研究上の便宜を図った。第二部では、現在刊行されて
いる校訂本の現状が実態としてどのようになっているのかを確認することを主目的とし、各校訂本の校訂本文とその校訂方法
に焦点を当てて、風土記本文複元の特徴を捉えることを試みた。

このページのトップへ