ホーム > 江戸幕府法の基礎的研究

江戸幕府法の基礎的研究 全二冊 新刊

〔論考篇・史料篇〕

江戸幕府法の基礎的研究

◎幕府法はいかに成立したのか、新出史料の考察から幕府法研究に新たな地平を切り拓く!

著者 高塩 博
ジャンル 日本史
日本史 > 近世
出版年月日 2017/02/27
ISBN 9784762942174
判型・ページ数 A5・1100ページ
定価 本体22,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

〔論考篇〕

 第一部 享保年間の律令研究―「公事方御定書」編纂前史

第一章 荷田春満の律令研究
第二章 江戸時代享保期の明律研究とその影響

 第二部 「公事訴訟取捌」と「律令要略」―「公事方御定書」編纂期の幕府法律書

第一章 「公事訴訟取捌」の成立―「公事方御定書」に並ぶもう一つの幕府制定法
   補論 「地方大意抄」所載記事の解釈をめぐって―著者と著作年代を手がかりに
第二章 「公事方御定書」の編纂途上の法文を載せる法律書
第三章 「律令要略」について―「公事方御定書」編纂期における私の幕府法律書

 第三部 「公事方御定書」の成立―編纂と増補修正の過程

第一章 「公事方御定書」の元文三年草案について―「元文三午年御帳」の伝本紹介
第二章 「公事方御定書」の編纂過程と元文五年草案について
第三章 「公事方御定書」の寛保三年増修とその伝本
第四章 「公事方御定書」の延享元年増修とその伝本

 第四部 「公事方御定書」の法体系と伝本

第一章 「公事方御定書」の法体系と律令法―徳川吉宗に焦点を当てつつ
第二章 「公事方御定書」下巻の伝本と呼称について
第三章 「公事方御定書」管見―流布の端緒および「例書」の成立をめぐって
第四章 町方与力と「公事方御定書」―原胤昭旧蔵の「公裁私記」について
第五章 「公事方御定書」下巻の奇妙な伝本
第六章 丹後国田辺藩の「御仕置仕形之事」について
      ―譜代藩における「公事方御定書」参酌の一事例

あとがき/索 引

〔史料篇〕※著者所蔵史料四点を含む全十点を収める。

一「評定所法規集(仮称)」「御評定所御定書」(著者蔵)
二 「評定所御定書」「御評定所御定書」(名古屋大学法学図書室蔵)
三 「評定所御定書」から「公事訴訟取捌」へ移行途上の法律書 「評定所裁許之写」(著者蔵)
四 「公事訴訟取捌」「公事取捌記」(国立公文書館内閣文庫蔵)
五 「公事方御定書」の編纂途上の法文を載せる法律書 「台政評定訣」(香川大学附属図書館神原文庫蔵)
六 「公事方御定書」の元文三年草案 「公規矩之書」(著者蔵)
七 「公事方御定書」の元文五年草案 「公事方御定書窺之上被仰渡候書付」上下 (千代田区教育委員会蔵 「寛保律」 収載)
八 「公事方御定書」下巻の寛保三年増修本 「公裁秘録」上下(著者蔵)
九 「公事方御定書」下巻の延享元年増修本 「御当家律」(国立公文書館内閣文庫蔵)
十 「公事方御定書」を参酌した丹後国田辺藩の刑罰法規集 「御仕置仕形之儀ニ付奉伺候書付申上候書付」(香川大学附属図書館神原文庫蔵)

このページのトップへ