ホーム > 中国都市論への挑動

内容説明

【主要目次】

序 文 …………………………………………………………………………… 平田茂樹

総 論

魏晋南北朝都城研究のひとつの可能性 ………………………………… 中村圭爾

「科挙社会」の視点から探る宋代都市社会史研究の新たな可能性……  平田茂樹

各 論

前漢初期都城の立地をめぐって―都城立地と政治の関係を中心に― 

                                                                   ………… 陳  力

「朝宿の舎」から「商舗」へ―漢代の郡国邸と六朝の邸店についての一考察―

                          ………… 侯 旭 東

(井上幸紀訳)

『襄陽耆旧記』にみえる襄陽意識  …………………………………………… 永田拓治

漢晋五胡十六国期の東宮と西宮 ……………………………………………  岡部毅史

建康の歴史的性格と都城圏の形成 ………………………………………… 小尾孝夫

唐五代都市における毬場の社会的機能 ………………………………………山崎覚士

官路、私路と駅路、県路

  ―宋代州(府)県城周囲の道路構造についての新たな考察―

             ……………… 曹 家 斉 (平田茂樹監訳・姜暁麗訳)

  北宋中期から南宋初期の都市における統合理念

  ―地域防衛の構造を中心に― ………………………………………… 穴沢彰子

人口の原動力から見る南宋経済発展の限界性

  ―併せて中国・西洋の生産力の主要な格差を論ずる― ………… 呉 松 弟

(平田茂樹監訳・王標訳)

「列肆招牌、爛若雲錦」―清代前期蘇州城の工商店舗― 

                      ……… 范 金 民(辻 高広訳)

コメント

都城論と都市論の間―東アジアの坊制都市をめぐる若干の考察― 

                         …………… 佐川英治

 あとがき ……………………………………………………  平田茂樹・室山留美子

  執筆者紹介/英文目次

このページのトップへ