ホーム > 節用文字の音注研究

節用文字の音注研究

節用文字の音注研究

◎数度の増補改訂を経た『節用文字』、その過程で付載されたすべての「音注」を分析し、その特徴を提示する!

著者 二戸 麻砂彦
ジャンル 国語学(言語学)
国語学(言語学) > 語彙音韻
出版年月日 2015/10/15
ISBN 9784762936296
判型・ページ数 A5・448ページ
定価 本体12,000円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

【主要目次】

【序論】節用文字の概要と音注

本書の目的と構成/節用文字の概要/掲出語の錯綜/節用文字に付載された音注

【本論/第1篇】節用文字の反切と同音字注

節用文字の反切と切韻系韻書/節用文字の反切と玉篇/節用文字の反切と類聚名義抄/

節用文字の同音字注

【本論/第2篇】節用文字の仮名反切

節用文字の仮名反切一覧/仮名反切の位置〔標準形式〕/仮名反切の位置〔変則形式〕

【本論/第3篇】節用文字の仮名音注

節用文字付載の仮名音注/仮名音注の韻母別考察/

Ⅰ韻類〔-ɑ系の字音的特徴・-ʌ系の字音的特徴〕/

Ⅱ韻類〔-a系の字音的特徴・-ɐ系の字音的特徴〕/

Ⅳ韻類〔-e系の字音的特徴〕/ⅢB韻類〔-iɑ系の字音的特徴・-iʌ系の字音的特徴〕/

ⅢA韻類〔-ia系の字音的特徴・-iɐ系の字音的特徴・-ie系の字音的特徴〕/

仮名音注の声母別考察〔p- 系, pj- 系(脣音)・t- 系(舌頭音・半舌音)・

ṭ- 系(舌上音)・ts- 系(歯頭音)・ṭs- 系(正歯音二等/歯上音)・tś- 系(正歯音三等)・

k- 系, kj- 系(牙喉音)・声母別考察による仮名音注の対応〕/

仮名音注と仮名反切の機能分担

あとがき・索 引

このページのトップへ