ホーム > 中国石刻関係図書目録(1949-2007)

中国石刻関係図書目録(1949-2007)

附『石刻史料新編』(全4輯)書名・著者索引

中国石刻関係図書目録(1949-2007)

新中国成立より今日まで、中国歴代石刻図書目録なる!

著者 高橋 繼男
ジャンル 総記・書誌 > 単行本 > 中国
出版年月日 2009/02/27
ISBN 9784762912191
判型・ページ数 B5・300ページ
定価 本体6,000円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

【本書より】 石刻資料が中国歴代のさまざまな分野の研究に有用であることはいうまでもないが、石刻資料を研究したり、それを研究に利用しようとする初学者にとって、関係する研究文献やどのような石刻資料が存在するのかを知ることは容易ではない。…とくに198090年代以後、現在も続いている爆発的と称しても過言ではない、おびただしい数にのぼる石刻関係図書の刊行情況の全貌を把握することは、きわめて困難である。そこで、編者は「『石刻史料新編第一・二・三輯』書名・著者索引」を作成した上で、「近二十年出版の隋・唐・五代を中心とする石刻関係書籍目録稿)」を試作し、今から思うと無謀にも、さらにこれを一挙に拡大して、中国の全時代にわたる石刻関係文献をあつかう「近五十年来出版の中国石刻関係図書目録(稿)」を公表した。これには2001年初めまで出版された約500種の書名を採録したが、印刷された直後から、「目録(稿)」で脱落している関係図書があまりにも多数にのぼることに気づき、以後これを増補する作業を進めてきた。本目録は、この作業の現時点における一応の結果である。

【本書の特色】

◎本目録は、1949年から2007年までに、中国および諸国・諸地域で出版された、中国歴代の石刻に関する図書の目録である。〔収録総数:3286点、Ⅰ:1377、Ⅱ:179、Ⅲ:1280、Ⅳ:219、Ⅴ:231

◎中華民国以前の主要な石刻書をほとんど網羅的に収録する「『石刻史料新編』(4)書名・著者索引」により、本目録一冊で、現在にいたるまでの主要石刻関係図書の書名が一覧可能となる。

◎省・市・県など地域別に編纂されているものが多い分野は、省毎に分け掲出。

◎「Ⅴ目録(索引)・地図」に詳細な「考古学関係文献目録・年録・地図」を附し、新出土の石刻などに関する

報告・研究論文の検索を容易にした。

◎分類・編集(抜粋)

Ⅰ 資料性図書〔A 総合性大型図書、B 南北朝以前を主とする図書、C 隋唐五代を主とする図書、D宋以後を主とする図書〕

Ⅱ 考古調査発掘報告書・新出土文物図録

Ⅲ 概説・研究図書〔A 総述・通論、B 南北朝以前を主とする図書、C 隋唐五代を主とする図書、D宋

以後を主とする図書、E 題跋(叙録)・碑帖・碑学関係図書、F 校点・校注・校補図書、G 石刻・碑帖・書道(書法)関係邦訳図書、H 石刻紀行関係図書、I 伝拓関係図書・その他〕

Ⅳ 字体(字形)関係図書〔A 石刻文字・異体字(俗字・別字)関係図書、B その他の字典・字書〕

Ⅴ 目録(索引)・地図〔A 石刻・刻工目録、B 機関(個人)所蔵石刻・拓本目録(図録)、C 石刻文献目録・地図〕

このページのトップへ