ホーム > 日本中世法書の研究

日本中世法書の研究

日本中世法書の研究
著者 長又高夫
ジャンル 日本史 > 中世
出版年月日 2000/04/11
ISBN 9784762934315
判型・ページ数 A5・300ページ
定価 本体5,000円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

内容説明

公家法の法書『法曹至要抄』『裁判至要抄』『政事要略』などの比較検討から、 中世法の法理を考察。 第一章『法曹至要抄』の基礎的研究  第二章『裁判至要抄』の成立をめぐって  第三章「和与」 概念成立の歴史的意義 第四章中世法書における悔還の法理について  第五章「越訴」 の語義をめぐる一考察

このページのトップへ