ホーム > 江戸後期月瀬観梅漢詩文の研究

江戸後期月瀬観梅漢詩文の研究

江戸後期月瀬観梅漢詩文の研究
著者 村田栄三郎
ジャンル 日本古典(文学) > 近世文学 > 漢詩文集
出版年月日 2002/11/01
ISBN 9784762934476
判型・ページ数 A5・460ページ
定価 本体13,000円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

文化・文政期より幕末まで、 月ヶ瀬を訪れた梁川星巌・斎藤拙堂・頼山陽・大窪詩仏・広瀬旭荘など文人の足跡をたどる。 第一章序説第二章文人等の訪村と観梅漢詩文第三章日本漢文学史上における月瀬観梅漢詩文の意義と位置づけ 附録 (影印資料) 『月瀬梅花詩集』(稿本) ほか五点。

このページのトップへ