ホーム > 芭蕉連句古註集

内容説明

「俳諧の古今集」 と称され、 芭蕉俳諧の真髄を伝える『猿蓑』四歌仙の江戸期注釈書二十種を集成。 付合の妙・さび・しおり等蕉門の作句姿勢を知る好個の資料。 連句研究者はもとより俳句・連句の実作者、 芭蕉愛好家座右の書である。

このページのトップへ