ホーム > 『狂文宝合記』の研究

『狂文宝合記』の研究

内容説明

天明3年4月25日、 江戸両国柳橋で催された 「宝合記」の記録。 天明狂歌壇の実態を示す好資料。 周辺領域の研究上の重要資料でもあり、 本書は天明江戸文化の 「遊び」の側面を代表する宝合会の全貌を始めて明らかにする。【画図影印編】主品・客品・【翻刻注釈編】主品・客品・【解題】・【索引】

このページのトップへ