ホーム > 松永貞徳と門流の学芸の研究

松永貞徳と門流の学芸の研究

内容説明

松永貞徳および、 その門流の学芸について、 彼らの著した学書や注釈書を検討することで、 その学芸史上における意義について考察を加えたものである。 第一章、 「松永貞徳の学芸」 第二章、 「貞徳門流の学芸」 第三章、「歌論と実作と」 の三部構成。

このページのトップへ