ホーム > 百詠和歌注

内容説明

内閣文庫蔵 「李嶠百詠」 慶長写本の翻字と源光行作 「百詠和歌」 江戸写本の影印を上下二段に掲載し頭注を付す。李嶠は唐代詩文をもって聞こえ、 平安時代に伝来し、 伝嵯峨天皇筆の断簡が伝えられる。 和漢比較文学用のテキストとして最適である。

このページのトップへ