ホーム > 元応本 沙石集

元応本 沙石集

内容説明

無住著 北野克蔵10巻10冊(巻三・四欠) 影印 奥書に「元応三年」 と成立より三十八年後とあることにより元応本と呼称する。 流麗な平仮名交じり本で、 広本十二帖系諸本に属し、 米沢本に近く米沢本の誤脱を補訂できる部分が多い善本である。

このページのトップへ