ホーム > 御伽草子精進魚類物語 研究・索引篇

御伽草子精進魚類物語 研究・索引篇

御伽草子精進魚類物語 研究・索引篇
著者 高橋忠彦 編著
高橋久子 編著
古辞書研究会 編著
ジャンル 日本古典(文学) > 中世文学 > 物語随筆
出版年月日 2004/11/26
ISBN 9784762935190
判型・ページ数 A5・680ページ
定価 本体22,000円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

室町中期に作られた代表的異類合戦譚、 中世の食文化に関する資料を多く含む。 本書に用いられる魚名・鳥名・植物名などの語彙は特殊な漢字表記が多く、 同時代の古辞書に大きな影響を与えている。【研究篇】(古本系の系統について・流布本系の系統について・古本系精進魚類物語の音韻的特徴・古本系『精進魚類物語』の文末形態・古本系精進魚類物語と古辞書との関係に就いて・流布本系精進魚類物語の表記に就いて)【索引篇】(自立語索引・漢字索引・精進魚類物語参考文献目録)

このページのトップへ