ホーム > 御伽草子精進魚類物語 本文・校異篇

御伽草子精進魚類物語 本文・校異篇

内容説明

室町中期に作られた代表的異類合戦譚、 中世の食文化に関する資料を多く含む。 本書に用いられる魚名・鳥名・植物名などの語彙は特殊な漢字表記が多く、 同時代の古辞書に大きな影響を与えている。【影印篇】(平出鏗二郎旧蔵本・東京大学総合図書館蔵寛永頃刊本・群書類従本・東京大学総合図書館蔵伊勢貞丈書入本) 【翻刻篇】(前掲四点の翻字本文) 校異篇(古本系諸本校異・流布本系諸本校異)

このページのトップへ