ホーム > 藤原定家「文集百首」の比較文学的研究

藤原定家「文集百首」の比較文学的研究

内容説明

唐の白居易の詩を慈円が選び、 藤原定家が歌に詠んだものが 「文集百首」 で、 これを比較文学・比較文化の手法により、 相違点に力点をおいて考察することにより、 両者ならびに日中文学の特質を明らかにする。

このページのトップへ