ホーム > 校本 本朝麗藻

校本 本朝麗藻

内容説明

本朝麗藻二巻は、 平安時代の漢詩集で高階積善撰、寛弘6年成立。 一条朝一代の総集で紫式部の時代と重なる。信頼できる定本が無く研究が遅れてきたのに鑑み、 まず校訂本の作成を目標に編纂されたのが本書である。 諸本を対校し文字の異同を注記する。 校異・解題・索引の三部構成。

このページのトップへ