ホーム > 林田愼之助博士傘寿記念三国志論集

林田愼之助博士傘寿記念三国志論集

目次

林田さんの人と学問 ………………………………………………………………………………… 狩野直禎
  班彪と班固の漢王朝観、およびその諸帝観
    「王命論」、「典引篇」、「両都賦」、およびそれぞれの本伝を中心とした検討  ………… 小林春樹
  鄭玄の禘・祫解釈について
    ――許慎『五経異議』と鄭玄『駁五経異議』の議論―― ………………………………… 間嶋潤一
  経学の『易』から玄学の『易』へ ……………………………………………………………… 井ノ口哲也
  匂い立つのか、響くのか ――周瑜の「美」をめぐって―― ………………………………… 狩野 雄
 『魏武四時食制』の基礎的考察 ……………………………………………………………………… 石井 仁
 詩跡としての仲宣楼 …………………………………………………………………………………… 矢田博士
 經國と文章――建安における文学の自覚(一)―― ……………………………………………… 渡邉義浩
 經國と文章――建安における文学の自覚(二)―― ……………………………………………… 牧角悦子
 曹植「贈丁儀」詩小考 ………………………………………………………………………………… 柳川順子
 嵆康「釈私論」試訳稿 ………………………………………………………………………………… 大上正美
 「自適」の生成――陶淵明・江淹・白居易―― …………………………………………………… 川合康三
 江淹「雑体詩」の曹植 ……………………………………………………………………………… 稀代麻也子
 魏晋南北朝時代における軍陣医学
   ――金創医療の展開を中心として―― ………………………………………………………… 亀田一邦
 神医華佗と中医学 ……………………………………………………………………………………… 岡田明彦
 邵雍の「皇極経世」とその背景 ――理数を求めて―― ………………………………………… 辛  賢
 三国志物語の原型について ――演劇からの視点―― …………………………………………… 小松 謙
 新發見の朝鮮銅活字本『三國志通俗演義』について ……………………………………………… 金 文 京
 十八路諸侯をめぐって ………………………………………………………………………………… 竹内真彦
 周曰校刊『三国志演義』の甲本・乙本・丙本 ……………………………………………………… 中川 諭
 明末文人と「三國志」 ――余懷の「三國志」―― ……………………………………………… 小塚由博
 「関帝聖蹟図」と「孔子聖蹟図」 ………………………………………………………………… 伊藤晋太郎
 魯迅の「魏晋の風度および文章と、薬および酒の関係
   ――九月、広州夏期学術講演会での講演」について ………………………………………… 小山三郎
 わたしのなかの三国志 ……………………………………………………………………………… 林田愼之助
 林田愼之助博士略年譜・著作目録  あとがき/執筆者紹介

このページのトップへ