ホーム > 東洋人のインド観

東洋人のインド観

内容説明

近世後期に活躍した尾張藩士出身の地誌学者朝夷厚生とその主著 『仏国考証』、 土浦藩士出身の蘭学者山村才助とその翻訳書『印度志』、 清末の学者章炳麟とそのインド論・仏教論について解説と校注を行い、 日中知識人のインド認識を紹介する。

このページのトップへ